オーラパールプラスは本当にホワイトニング効果や口臭予防がある?

オーラパールプラス

オーラパールプラスはどんな歯磨き粉?

歯の健康が注目される現代では、虫歯予防だけでなくホワイトニングや口臭予防効果などさらなる付加価値をうたっている歯磨き粉が多くあります。

その中でも人気となっているのが「オーラパールプラス」ですが、期待されるホワイトニング効果や口臭予防効果があるのでしょうか。

まず歯が黄ばんだり口からにおいがする原因を考えてから、オーラパールプラスに含まれている成分とその作用について考えてみたいと思います。

歯が黄ばむ、口臭になる原因

まず、歯が黄ばんだり口臭が出る原因の一つは、表面に残った汚れが関係しています。

歯磨きを正しく行ったとしても完全に汚れを取ることは難しいとされていて、汚れが残っていることで歯の色が悪く見えたり、においの原因となってしまいます。

さらには、食べ物や飲み物によって着色することも原因となります。特に日常的に摂取いる人が多いコーヒーや紅茶、ワインなどには着色しやすいステインという成分が含まれています。

また、色の濃い食べ物は着色させやすいとされています。

加えて、嗜好品としてたばこを定期的に吸う人は、たばこのヤニが歯に付着して歯が黄ばんで見える原因となるだけでなく、口臭の原因ともなります。

歯に付着した汚れや着色しやすい食材やたばこのほかに、歯自体の問題で黄ばみやにおいが発生する場合もあります。

例えば、日々使う歯磨き粉の研磨剤で力を入れて磨くと表面に細かい傷がつき、その傷に汚れが付いて黄ばんでみえてしまう場合があります。

さらにその傷に光が当たると反射の具合によっては黄ばみとして人の目に映る場合があるようです。

このような原因からわかるように、歯を美しく見せ、健康的に保つためには、汚れを効果的に落とし、表面成分であるエナメル質を修復することが大切になります。

オーラパールプラスの成分にはどんな効果がある?

では、オーラパールプラスにはどんな成分が含まれていて、それがどのように作用しているのでしょうか。

オーラパールプラスには薬用ハイドロキシアパタイトの極小粒子が入っていて、歯垢の除去を行い、歯の表面にできた傷を埋めて歯の再石灰化をすることで虫歯の予防ができます。

さらなる成分である人工的なアミノ酸成分であるトラネキサム酸には止血や抗炎症作用があるため、歯周病や歯肉炎などを予防する効果があります。

さらに歯の美白成分として光沢剤やヤニを除去するPVPを配合することで、表面の汚れを取り、傷を修復することでホワイトニングができ、口臭予防にも役立ちますし、歯石予防も期待できます。

オーラパールプラスには歯を美しく輝かせる成分とともに、お口全体の健康に資する成分が多用されています。

例えば硝酸カリウムが配合されていることで、歯がしみるなどの知覚過敏を予防が可能になっています。

このようにオーラパールプラスは歯だけでなくお口全体の健康の良い製品で、研磨剤・パラベン・漂白剤・着色料が添加されていないので、安心して使うことができます。

それで自宅でセルフケアが簡単にできる歯磨き粉として人気があることもうなずけます。